正しいトレーニングをして理想のボディーを手に入れましょう

マッスルハッスル

ホーム

まずは目標を設定する

分割法を理解して脱初心者

分割法を具体的に知る

トレーニングのやり方の調整

どこまで追いつめるか

ダンベルを選ぶ方法

トレーニングベンチの選び方

加圧トレーニング

ご意見・ご感想

 

リンクについて

当サイトはリンクフリーになっていますよ。ジャンジャンリンクを張って下さいね。バナーを使いたい方は下のバナーをダウンロードして使って下さいね。

マッスルハッスルのバナー

関連サイトリンク集

 

最終更新日:2014/9/11

トレーニングベンチ

トレーニングベンチは使い方によって様々な場所を鍛える事が出来るトレーニング用の設備となります。
結構大きさがありますので、長期にわたって使用をしていく事を考えると、目的や、スペースなどを考えて選ぶようにします。

トレーニングベンチの種類は

トレーニングベンチは、角度を変える事によって、トレーニングをする事が出来る種目も変わってきます。
どんなトレーニングをしていきたいのかをハッキリさせて、どのようなタイプのトレーニングベンチを選んでいくのかを考えていく必要もあります。 

フラットベンチ

一般的なトレーニングベンチです。ベンチの角度を変える事が出来ないのですが、構造が簡単なので、重量が軽いです。しかし、結構しっかりとした作りにはなっています。
このタイプを使用しても全身の筋肉を鍛える事ができます。費用や、手軽さを優先するのでしたら、このタイプはオススメです。

 

インクラインベンチとデクラインベンチ

インクラインベンチは頭が上になっているタイプのベンチで、デクラインベンチは足が上になっているタイプのベンチです。
体の角度を変えると、負荷のかかる向きを変える事ができるので、フラットベンチよりももっとトレーニングをする事ができるのです。。

ですが、この両方のベンチが固定式で角度をかえれないのでしたら、家に設置するのはスペース的に難しくなります。二台置かないと行けない事になりますからね。。
設置の場所に余裕があると言う人以外でしたら、角度調整をする事が出来て、フラットにもできるような物を選ぶといいでしょう。

 

アジャスタブルベンチ

アジャスタブルベンチと言うのは、角度を変更する事が出来るベンチの事を言います。普通では1度でも角度を変える事が出来るベンチを全てアジャスタブルベンチと呼びます。ですが、、今は、インクラインベンチと、フラットベンチと、さらにデクラインの3つの事が出来るベンチをアジャスタブルベンチとしておきます。

様々な角度にする事ができるので、一台でかなりの場所の筋肉を鍛える事が出来るようになります。
ですが、作りが複雑になっていて、値段も高くて、重たいです。
ですので、一カ所に固定をしないで使用する時には不便になります。

フォールディングベンチ

フォールディングベンチと言うのは、折りたためるベンチと言う意味ととらえて大丈夫です。
折りたためば場所を取る事がないので、スペースも余裕がでますので、助かりますね

他のベンチと比べてしまうと少々もろくなってしまいますが、それ以外では大して変わらないので、スペースがあまり無い時にでも使えます。

recommend

五反田 脱毛サロン

最終更新日:2017/11/15

▲ページトップ

 

ホームまずは目標を設定する分割法を理解して脱初心者分割法を具体的に知るトレーニングのやり方の調整
どこまで追いつめるかダンベルを選ぶ方法トレーニングベンチの選び方加圧トレーニング
Copyright(C)マッスルハッスル All rights reserved