正しいトレーニングをして理想のボディーを手に入れましょう

マッスルハッスル

ホーム

まずは目標を設定する

分割法を理解して脱初心者

分割法を具体的に知る

トレーニングのやり方の調整

どこまで追いつめるか

ダンベルを選ぶ方法

トレーニングベンチの選び方

加圧トレーニング

ご意見・ご感想

 

リンクについて

当サイトはリンクフリーになっていますよ。ジャンジャンリンクを張って下さいね。バナーを使いたい方は下のバナーをダウンロードして使って下さいね。

マッスルハッスルのバナー

関連サイトリンク集

 

Last update:2014/9/11

ダンベル探す

筋力トレーニングをする時にダンベルはかなり使用頻度が高い器具ともいえます。ですので、色々なメーカーがたくさんの種類をだしています。

どこのメーカーを選んだとしても、筋力トレーニングをする事はできるので、特にメーカーを気にする事はないのですが、種類は使い勝手がありますので、きにしましょう。

ダンベルシャフトは何がある

ダンベルシャフトは、ダンベルを持つときに握る部分のところをいいます。重りを支えたり、グリップをする役目があります。
ダンベルシャフト2種類あります

スクリューシャフト

両端がねじになっているので、重りを取り付けるときに、ぐらぐらしません。また、トレーニングをしているときにも、重りが落ちてしまう危険もないのです。

しかし、重りをつけるのに少し手間がかかります。ねじのように回して装着していきますので、時間がかかるのです。

 

普通のシャフト

シャフトはスベスベのただの鉄の棒になっています。その両端にストッパーを取り付けて重りが落ちないようにしています。

ストッパーをつけるのに時間がかからないので、楽ではありますが、このストッパーをちゃんとつけていないと、重りを落として怪我をしてしまう恐れがありますので、気をつけましょう。

 

筋力トレーニングは安全第一で

どちらかを選ぶのでしたら、スクリューシャフトを選んだほうがいいでしょう。
ノーマルシャフトのほうが安いのでこちらを選びたいところなのですが、重りを落として怪我をしてしまう事を考えると、やはり安全が第一ですので、スクリューシャフトを選びたいですね。

スクリューシャフトはねじのように重りを回して取り付けるので、大変だと思いそうですが、なれると意外とそうでもなくて、簡単に取り付けをすることができたりもします。

プレートは何がある

適正なプレートを選ぶ事がしっかりとしたトレーニングが出来る条件です。。
また、ダンベルとバーベルが同じ太さのものを選べば、プレートを両方で使用することができるので、便利です。

スチールプレート

よく見かけるプレートです。簡単に言ってしまえば鉄で出てた円盤です。
しかし、つかむところがないので、地面に置いてしまうと、取るのが難しくなります。

これは、同じスチールプレートなのですが、三箇所に隙間があります。これは、手で持つことがしやすいようになっているのです。ですので、地面に置いたときでも持ちやすいです。

 

 

ラバープレート

スチールプレートにゴムでカバーをしただけのものです。しかし、ゴムが付いている分、持ちやすくなっています。

またこれは、おなじようにゴミでカバーをしていますが、さらに、とっても付いているので、持ち運びがされに楽になりました。

プレートを選ぶなら

自宅で使用をするのが目的でしたら、安全面なども考えて、ラバープレートで取っ手が付いているのを選びましょう。

値段を考えたら、スチールプレートがいいのですが、プレートは一回購入をすると、なかなか捨てる事ができないですし、買い替えなんて難しいことですので、後の事も考えて選びましょう。

ラバータイプを使えば、床に転がっても傷がつかないですし、取っ手が付いていればすぐに持ち上げる事もできます。。

 

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2014/12/18

▲ページトップ

ホームまずは目標を設定する分割法を理解して脱初心者分割法を具体的に知るトレーニングのやり方の調整
どこまで追いつめるかダンベルを選ぶ方法トレーニングベンチの選び方加圧トレーニング
Copyright(C)マッスルハッスル All rights reserved