正しいトレーニングをして理想のボディーを手に入れましょう

マッスルハッスル

ホーム

まずは目標を設定する

分割法を理解して脱初心者

分割法を具体的に知る

トレーニングのやり方の調整

どこまで追いつめるか

ダンベルを選ぶ方法

トレーニングベンチの選び方

加圧トレーニング

ご意見・ご感想

 

リンクについて

当サイトはリンクフリーになっていますよ。ジャンジャンリンクを張って下さいね。バナーを使いたい方は下のバナーをダウンロードして使って下さいね。

マッスルハッスルのバナー

関連サイトリンク集

 

Last update:2014/9/11

加圧トレーニング

加圧トレーニングと言うのは、体の酸素をなるべく回らないようにして行う最先端のトレーニング方法なのです。
結構有名にはなってきているのですが、それでもまだまだこの方法を行えるトレーニングジムは少ないです。

加圧って何?

この加圧と言うのは、血管を圧迫する事によって、流れをわるくしていくことです。
つまり、うでなど、トレーニングをしたい場所にベルトをまいて、血流の流れを悪くしてからトレーニングをするのです。。

血液の流れを制限するとどうなるのか?
血流が悪いので、力がはいりませんし、しびれてきます。。
つまり、筋肉がとてもなくなっている状態でトレーニングをおこなうのです。すると面白い事がおきてきます。
血液の流れが悪くなってくると、運動をしてできた乳酸も流れが悪いです。すると、この乳酸がどんどん筋肉にたまっていきます。

そうして、疲れの元の乳酸が一箇所にたくさんくると筋肉はあせります。、
「これはしんどいぞ!考えられないくらいハードだ!まじでヤバイなんとかして」
と言うようなSOSを脳にだします。

このSOSがきた脳はそれはやばいと思って勘違いをします、すると、通常のハードトレーニングをした時と同じような状態になるのでうs。
このように勘違いが勘違いを呼んだおかげで、成長ホルモンがたくさん出てくるようになります。それを利用しているのが加圧トレーニングなのです。

メリット

普通のハードトレーニングを続けても筋肉を成長させる事が出来るのに、どうして加圧トレーニングがこんなにも人気が出てきているのか?

負担が少ない

加圧トレーニングは軽いウエイトで行います

ですが、筋肉や、脳が勘違いをしているので、成長ホルモンがたくさんでてきます。よって、ハードなトレーニングと同じ効果が得られます。
軽いウエイトでもできるので、リハビリや、高齢者の運動のもてきしているのです

成長ホルモンがイッパイ出る

加圧トレーニングをして、出てきた成長ホルモンの量というのは、普通にトレーニングでハードにしたときよりもさらにたくさん出来てくれます

成長ホルモンは血流にのって、全身を回ります。そのときにトレーニングをしていない場所の怪我や骨折などの治癒を早めてもくれるのです。

デメリット

加圧トレーニングは激しくはしないので、怪我をしたりする危険性が低くて、さらには、少しの運動で、たくさんの効果が現れるのでいいのですが、完璧ではないのです。

もし、最大筋力を鍛えて行く場合だったら、神経も同時に鍛えていかないといけないので、普通のトレーニングもやらないといけません。

自己流はだめ!

血液の流れ悪くしますので、自己流ではしないでください。

加圧トレーニングをするには、きちんと講習を受けたプロにしてもらわないといけません。もし自分で適当にしてしまうと、病院に行きになってしまう事もあります。

 

check

資生堂
http://www.shiseido.co.jp/

Last update:2015/3/19

▲ページトップ

 

ホームまずは目標を設定する分割法を理解して脱初心者分割法を具体的に知るトレーニングのやり方の調整
どこまで追いつめるかダンベルを選ぶ方法トレーニングベンチの選び方加圧トレーニング
Copyright(C)マッスルハッスル All rights reserved