正しいトレーニングをして理想のボディーを手に入れましょう

マッスルハッスル

ホーム

まずは目標を設定する

分割法を理解して脱初心者

分割法を具体的に知る

トレーニングのやり方の調整

どこまで追いつめるか

ダンベルを選ぶ方法

トレーニングベンチの選び方

加圧トレーニング

ご意見・ご感想

 

リンクについて

当サイトはリンクフリーになっていますよ。ジャンジャンリンクを張って下さいね。バナーを使いたい方は下のバナーをダウンロードして使って下さいね。

マッスルハッスルのバナー

関連サイトリンク集

 

最終更新日:2014/9/11

まずは目標を設定しよう

筋力トレーニングをしようと考えたら
どうして、筋力トレーニングをするのかと言う目標をしっかり持ちましょう。。

トレーニングを長期でする

筋力トレーニングはたくさんすればすぐに効果が出るものではありません。効果が見えてくるには、数ヶ月は最低でもかかります。さらに効果を求めれば数年と言う長い期間がひつようとなります。

さらには、筋力トレーニングは自分をいじめて行くことと同じです。ぶっちゃけて言うと、トレーニングをしない生活が楽です。

これを知らずにトレーニングを始めてしまうと、数ヶ月で止めてしまう人が多くいます。なかなか結果が見えてこないのであきらめてしまうのでしょう。また、自分をいじめていくのがイヤになったのかもしれません。

ですので、目標を持たずに始めるとすぐに挫折をしてしまいます。

特に、家で自分でトレーニングをしていると、なかなか集中をして、持続していく事が難しくなります。

方向性をしっかりと

スポーツのために筋力をアップさせようと考えている人は、このトレーニングのやり方が自分にあっているのかを確認する必要があります。

だいたいは、筋力アップをすればスポーツに役にたつのですが、スポーツの種類によっては、あまり鍛えすぎないほうがいい筋肉もあるのです。

スポーツの練習もしないといけないので、筋力トレーニングだけをしている場合ではないですしね。


筋力トレーニングをして後悔をしてしまわないためにも
目標をたてて、さらには、目的もハッキリとさせておく必要があります。
そうしておけば、筋力トレーニングで後悔をせずに望む効果を得られる事ができるのです。

具体的にすぐに設定をするのは難しいとおもいますので、大まかに設定をしていって、トレーニングをしながらハッキリと固めていくといいでしょう。

頻度と時間は

筋力トレーニングを始めたころはやる気があまりまくっています。
毎日続けていこうと意気込みますよね。

ですが。毎日とトレーニングをすればいいというわけではないのです。筋肉は使うと傷ついてしまいます。コレが直らない前にまたトレーニングをすると逆効果になる事もあるのです。

筋トレの強度と回復の時間

日常の生活で疲れてしまうと休みますよね。さらにはこの疲れがひどければ休む時間も長くなりますよね。

これは筋肉も同じです。筋肉も当然疲れますし、疲れたら休ませないといけません。つかれがひどければ休む時間もながくなります。ですので、つかれた状態でトレーニングをしても意味がないのです。

2〜3日おきにする

トレーニングをして、筋肉がつかれますよね。疲れた筋肉はパンパンになっていると思います。それから休ませるのですが、この休ませるときに筋肉は傷を治していきます。この期間がだいたい2〜3日ぐらいだといわれているのです。

もし、次の日もトレーニングを行うのでしたら、昨日した場所以外のところをするといいでしょう。

 

回復速度は個人差もあり

筋肉を使ったら、休ませる事が必要だということがわかったと思います。しかし、この休ませる期間と言うのは、みんなおなじと言うわけではないのです。やはり人それぞれの体ですので、個人差があります。
2〜3日で大丈夫な人もいれば、1週間ぐらいは必要になる人もいます。
しっかりと効果を出して行きたいのでしたら、そのあたりも頭にいれておいて、ノートをつけるのもいいでしょう。あたから、記録などを見直せますので頑張れます。

トレーニングのやり始めは、体がまだなまっていますので、回復するのに時間がかかります。ですので、始めのころはしっかりと体を回復させてから次のトレーニングを行うようにしましょう。

筋力トレーニングは短く

人間の集中力はずっと続くわけではありません。長くても1時間もてばいいほうだとおもいます。
ですので、トレーニングをする時も集中力が保てる範囲内で行うようにしましょう。
あまり長い時間をかけてダラダラしても意味がないですからね。

集中力が長続きしない理由は、脳の筋肉が一番先に疲れるからです。脳は、体全体に命令をだしているので、そりゃあ疲れますよね

ですので、筋力トレーニングをする時には、できれば40分ぐらいを目安にして行うといいでしょう。
くれぐれも長い時間をかけないようにしてください。

 

Favorite

千葉 貸倉庫
http://www.tenanto-snap.com/

▲ページトップ

 

ホームまずは目標を設定する分割法を理解して脱初心者分割法を具体的に知るトレーニングのやり方の調整
どこまで追いつめるかダンベルを選ぶ方法トレーニングベンチの選び方加圧トレーニング
Copyright(C)マッスルハッスル All rights reserved