正しいトレーニングをして理想のボディーを手に入れましょう

マッスルハッスル

ホーム

まずは目標を設定する

分割法を理解して脱初心者

分割法を具体的に知る

トレーニングのやり方の調整

どこまで追いつめるか

ダンベルを選ぶ方法

トレーニングベンチの選び方

加圧トレーニング

ご意見・ご感想

 

リンクについて

当サイトはリンクフリーになっていますよ。ジャンジャンリンクを張って下さいね。バナーを使いたい方は下のバナーをダウンロードして使って下さいね。

マッスルハッスルのバナー

関連サイトリンク集

 

Last update:2014/9/11

筋力トレーニングの方法

毎日同じメニューをしていけば、今のメニューに限界をかんじてしまったり、もっと刺激が欲しくなってきてしまいます。

トレーニングの量と休む日にち

まずは、自分の適正なトレーニングの量を知るようにしましょう。
長年トレーニングをしている人でも1セットしかしない人もいますので、無理をしないようにしてください。

大事な事は自分に一番適している回数などを把握して行き、それを毎回続けていけるように調整をすることが必要です。そして、自分が成長をしてくのにあわせて、変更をしていくのです。

ですが、自分にあうトレーニングの回数を知るのは簡単な事ではないです。
知らないうちにオーバーしてしまう事もあります。ですので、トレーニングの記録をつけましょう。

記録をつけていれば、自分の今の状態を知ることもできますし、成長に合わせて変更をするのがしやすくもなってきます。
また、自分が無理をしているのも知ることができるのです。

休憩をする時間

休憩は、あがってしまった息を整えれば大丈夫です。しかし、これも個人差がありますので、体調などに合わせて休憩を取るようにしましょう。

筋肉を太くしたいなら

筋肉を太くしていくのでしたら、休憩の時間を短くしていくことができます。しかし、無理は禁物ですので、体と相談をしながら行ってください。

最大筋力を伸ばす為には

最大筋力をのばすのでしたら、休憩は長めにとります。これの個人差があるので、どのくらいとはいえませんが、休みすぎたなと思うちょっと手前ぐらいでいいと思います。逆に休みすぎると体が冷えてしまったり、だるくなってしまい、怪我の元になってしまいますんで、気をつけましょう。

Last update:2017/3/10

 

▲ページトップ

 

ホームまずは目標を設定する分割法を理解して脱初心者分割法を具体的に知るトレーニングのやり方の調整
どこまで追いつめるかダンベルを選ぶ方法トレーニングベンチの選び方加圧トレーニング
Copyright(C)マッスルハッスル All rights reserved